品質要求達成するコスト削減対策

今現在、精密機械部品加工技術の応用は国防や航空宇宙などの分野だけではなく、国民経済の多くの分野まで広がっています。加工技術に対する要求もますます高くなりました。私だちKANOUグループは技術力高めることを用心しておること、多くのお客様に認められています。

下記部品1ロット数十個。壁が薄く、24個のφ0.5穴があり、ピッチ公差0.02です。内径と口元皿モミ部全部研磨要求があります。図面を詳細確認し、穴が小さくて研磨対応は非常に難しいし、コストが非常に高いです。バフ加工対応はどうですかの発想ができました。ただし、穴数が多く、穴部の隙間が狭くて、更に公差要求もあり、加工コストが高く、品質リスクも大きいです。

という状況で、各部の関係者を集まって、より良い解決策を検討しました。∮0.5の穴はワイヤーでピッチ公差を保証し、60°*1mmの皿モミ口元部は24箇所を同時に放電する電極を作り、放電で加工します。ワイヤーと放電を通してRz6.3の光沢度が保証できます。この方法では、研磨とバフ加工しなくても部品の品質要求に達成できますので、お客様にこの加工方法で変更することを申し込みますした。

異なる加工方法を使って、お客様の希望と同等の品質要求を達成し、コストの面も大幅に削減可能です。お客様は私達の技術提案を確認したところ、使用機能に影響なし、コスト削減できたことを賛成してくれました、今後も引き続き弊社へ発注するだと言いました。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top