今回こそ日本への出张悲壮な気味がする?

今回日本へ行くことは、少し悲壮感がある。日本へ出張の時間は、私が自分が計画時間ではなく、チケットの予約も飛ぶの4時間前です。

ですが、すべての裏には,我々が自発的なこともあります。実は、お客様に品物をハンドキャリーにより、今回の出張することとなりました。

実は今回の精密機械加工案件は、国慶節の五連休中、10/3お客様から連絡を受け

ました、翌日(10/4)に着工し、10/14に出荷の約束ができました。

10/11夜9時頃、お風呂に入っている時、お客さんから突然電話がかかってきました、電話出れなかったため、お客様からショットメールも送ってきました。

 

すぐ電話を掛け直ししたところ、明日部品が必要だとの緊急事態ことが分かりました。

どうしても中国から日本までハンドキャリーしてほしいだとの内容です。 (自動車の分野では大変だと言ったら、本当に大変なことです。)。

これは御社の問題ではありませんが、ぜひ私を助けて欲しいだと繰り返し言われました。

電話を切り、早速エンジニア、営業、各部の担当者と電話会議を開きました、それらの精密部品の加工現状を把握しました。製作最中で、焼き入れ中ものあり、後マシニングセンター、研磨など何工程もある部品もあり、翌日の朝一から対応するのはどうしても间に合わない状況です。緊急状況’を电话会議の中で各部に伝えました、そこで特急対応計画を決めました。私が協力会社へ行き現場調整してもらい、エンジニアも同時に焼き入れ屋さんへ焼き入れ品を引き取りに行って帰って大至急切削加工機に乗せることです。

家から出る前、奥さんに「すぐ出張用の荷物を片付けて」とお願いしました、奥さんもびっくりしていた、どうしてこんなに急いで? そうですね。加工品は明日届けないと、お客様は大変な損になりそうです。そう言って出かけました。奥さんも日系企业の中で何年間も仕事をしてきた人で、すでに私たちの企業理念に理解してくれています。

夜9:20から緊急動きはじめ、分けて部品毎のフォローと調整開始しました。その夜は、一晩中徹夜引き続きフォローしていました。

翌日の今日の朝9时ごろ要約半分の部品を加工完成させました。そこで、この出来上がりました分を先にメッキと刻印に送り出しました。残りも工程進める同時に次ぎの工程加工機を用意しておき、工程間も止まることがなく……

私たち数人は繰り返しチャットソフトQQで情報交換しながら、随時調整していました。時々も电话で确认します。10时ごろ、完了時間の見込みが見えそうなところまで来ました、即時15:20香港から大阪へのチャットを要約しました、運がよくこの時間までチケットが残ってあります。すぐ私が出発できる時間をお客様に電話で知らせて、相変わらず感謝の旨の伝えてきました。

深センから香港の空港までの間に、遅延が発生したのかを心配し、香港の専用車を要約しました。12時には、香港車が我々の深セン事務所まで来た時、完成品も全部揃ってきました。一晩中徹夜してくれた同僚には、心の中感謝の気持ちいっぱいです。

    

20:20遅れがなく大阪空港に到着し、お客様はもうすでに出口のところで待ってくれていました。箱から取り出した製品をお客様に渡した時は、本当に中国の言葉で、心の中は石が地に落ちた感じでした。お客様も

「本来では食事を奢らなければいけませんが、これからは2.5時間郷里があるお客様に直送しなければいけませんので、本当に申し訳ございません。」

私は「ホテルに泊まる」って別れましたが、彼が知らないことは、その時点で、ホテルの要約は未だです。直接大阪から东京事務所へ戻るつもりでしたが、しかし、新幹線の切符を買おうとした時、もう何分前、最終の新幹線が発車したおうです。

仕方がなく、すぐにネットでホテルを探して予約しました。

という経緯がありまして、翌日東京へ移動し、東京事務所で一週間程度の仕事することに繋がりました。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top