現地調達!なぜ、新エネルギお客様が我々に注文を出す

新規金型刃物、上と下組み立てに使う、終端お客様はH社、C52は我々のローカルのお客様で、H社の一級仕入先です、製品の詳しく情報は現時点掲示禁止。

2.1もともとは日本加工、コストのため、現地調達に変わる

2.2 3/12 見積もりをされました、見積もりの評価は価格面メリットがある

2.3 年度所要数:3200セットです

2.4切り替えスケジュール:2022年6月に試作、8月に性能テスト、10月から小ロット生産(順調であれば)

2.5 年度所要数3200セットで毎月320セット、金額:

2.6 2023年計画:今年に生産拡大され、2ラインから倍数にします

このお客様とやり取りして毎年の出荷数は少なく、金額的にも少ないです、今年の4月に定例訪問し、お客様と会議のまとめされた情報です。

今年3月お客様に訪問されて、会社に戻り、各部門を集め、会議の様子を思い出せます

   午後の四時、会社に戻って、技術、品管、購買の人を集めて、至急会議を行いました、図面をみて、超精度を見ながら、チャレンジが来たと思います、材料の来料方法、各工程の加工、設備のブランドや、(SODICKか西部か)検査の方法、梱包方法、2時間かかって声は強さ30デシベルから80になりました、検討の音が会議室にて持ち込んでいました

 材料の来料から、毎加工工程、設備ブランド、品質リスク避け、測定仕様、無駄避け、梱包、運送などをラーンのコントロール計画書を作成しました、

価格のメリットがあるのに、6月に試作必要、時間的には超短納期となり、非常に難しくなるとは結論です、超剛材料の調達は日本からの焼結品で、ベストの納期は25日になりそうです、加工、熱処理のDLC、全数検査を計算す20日歯科ありませんでした、

焼結品は5日間短縮されましたが、上刃物の加工は垂直度は超差しました、6UMでした、納期近づき、みなは焦ってました、最終に垂直度3UMです。試作のまとめ会議にて、超差の原因と対策書を作成しました、

対策書を持って、お客様に訪問のとき、報告しました、当時、金型に組み立てして順調になりました。

よる、お客様と食事の時、なぜ、我々に注文を出すと質問され混ましたけど、お客様は回答していただきました、

1.訪問にて新製品の紹介のとき、よく準備されたと感じする。

2.会談にて質問などで、営業から問い合わせされたのに、ありのまま、論理的と感じしました。

3.見積書の価格メリットがあり、備考内容十分です。

4.DFM评估充分。

5.DFMの検討は十分。

6.品質仕様書、工程流れ、品質検査仕様、梱包仕様の資料があり、この案件を非常に重視すると感じ

今年是转型做量产的第三年,也是最关键的一年,留给我们的时间已然不多,选好客户,做好产品,我们一定要量产,而且要实现早日量产!

今年は単品の加工から量産品の加工に切り替えの三年目です、もっと重要で、時間には少なくなりました。会社方針良いお客様を選び、良品を製造するがあり、我々が早めに量産入りと頑張ります。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top