大ピンチ!非5軸加工の原因で我々はロボット産業で重要なお客さんを失ってしまうかも

あの時の年末、日本もうすぐ新年のため、ロボット産業のお客さんは一括で我々に2ヶ月の注文量を発注しました。

この注文書の作成期間は1ヶ月で、お客様は2月にロボットの組み立て調整を完了し、その年の初めにロボットを販売する予定です。

注文を受けた後、社内はすぐに緊急審査会議を開きました。中にロボットの腕関節接続に必要な5軸加工部品がいくつかあります。部品の寸法が大きく、精密度が高く、内腔に複雑な曲面加工があり、これらはすべて5軸で加工しなければならないです。

部品の点数が多くて、各种の数量が多くて、納期がキツイです。自社の設備だけでお客さんの纳期が保証できないです。という事で、いくつか部品は弊社の協力先に協力して加工してもらいました。しかし、出荷日が近づいていて、協力先は外観の修理、検査などに時間がかかるという理由で、納期を伸ばしていました。協力先といろいろ調整して、やっと部品を納入しました。

部品が到着後、品質に我々は大ショックしました。寸法不良、外観はすべて要求に満足できず、自社製の部品の品質に大きく異います。品质部は直接部品がNGで出荷できないと判定しました。

原因を遡って、協力先は今回の部品に5軸加工利用せずに。三軸+二軸CNC加工センターを使用して製造されている事を了解しました。すなわち、国内で一般的に言われている偽5軸です。しかし、製品の構造、精度などは三軸+二軸のような偽5軸設備ではこれらのロボット部品の精度や外観を達成できないことを決めました。

協力先は偽5軸で大部分の寸法形状を加工することができたが、肝心な組立用の大精孔、孔位置、精度、円度などはすべてできていないです。内腔部位は工具が角度を回転できないため、多くの構造が加工できず、最後手作業で加工しなければなりません。結局できた物は内腔が凹凸し、外観が深刻で不合格になり、お客様の組み立てに影響を与える可能性があります。

お客様の納期はもうすぐです。もし納期通りに納品しないと、お客様の組み立てに影響し、最終的にはお客様のロボットの発売に影響します。弊社のロボット業界の重要なお客様を失う可能性があります!

社内で再検討して、私たちは最終的に加工設備と工芸を再調整してこれらの部品を作ることにしました。国内の春節が近づいているため、他の注文を調整し、緊急残業をして制作しました。やっと自社5軸加工機で部品の曲面、内腔の外観、5軸クランプで加工位置を固定した後、製品の精密穴、円度などの組立の重要な寸法を完成しました。緊急の作業と過程の密接なフォロー、調整を経て、私たちは精度、外観、構造が合格した製品の加工に成功しました。

お客様は部品をを納入した後、当日は組立テストを行い、すぐに製品の部品が合格し、組立に問題がなく、外観も非常に良いと返事をしました。このような初印象なので、ここ数年、私たちはこのお客様のロボット部品の注文を受け続けています。

今、私たちはロボット関節の部品上に豊富な経験を蓄積して、東莞凱路自動車とパートナーは日本の大隈OKUMA車のフライス複合、森精機、DMG、松浦などの20台余りの5軸連動加工設備を持っています。大きなサイズ、高精度、複雑なサーフェス、内腔などの5軸加工部品によく対応できます。東莞凱路自動車工業は五軸加工のコア技術を掌握することを奮闘目標とし、新エネルギー車、航空宇宙、医療機器、ロボット製品に優れた製品とサービスを提供ししています。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top