初めてTiktokで受注した

わあー、初めてTIKITOKにて受注できた。超嬉しい!

皆さんは私がどやって急速Tiktokにて受注したのかとても知りたいでしょう。これから、詳しく説明する。

この数年間、短い動画は皆に注目されて来て、老若男女問わず、誰でもTiktokやWechat動画などよく見ているでしょう。そして、目が覚めたら、一番やることは携帯をみることでしょう。

短い動画はこんなに人気があることで、営業宣伝のいいチャンスではないでしょうかとうちの営業部の責任者がそう考えました。それで、新財年の目標とアクションポリシーを立てる時に、短い動画の撮影と各プラットフォームで公開することを一つ重要なアイテムとして、リストに記入した。

ビデオの内容は私たちの会社と製品を紹介することです。数か月たって、私たちのファンの数も日に日に増えています。いろんなコメントが増えてきました!

ある日、私はいつものようにTikitokiのコメントを見る時、突然「この製品は加工できますか?」と出てきた。同時にサンプルの写真も送ってくれた。よく見ると、アルミニウムの部品で、すぐに相手にできると返事して、詳しい図面があればありがたいと伝えました。お客様はこの製品が日本でデザインしていたので、シェアすることはできないと言ってくれた。彼らにもこの設計図がなくて、使ったサンプルが1個しか送ってくれません。言いながら、すぐにサンプルの送付を手配してくれた。

翌日、サンプルを入手し、すぐに技術と一緒に確認してみたら、何点の疑問が出てきた。その後、すぐにお客様に確認する必要があります。電話をする時、お客様のニーズが緊急であることを感じていた。すぐにお客様とのWeb会議を手配して、疑問を解消した後、技術員がすぐにサンプルの基に図面を書いた。その図面をお客様に確認してから、見積も提供した。お客様からすぐ“OK”の回答が来て、契約書にもサインしてくれた。これで、初めてTiktokで受注することができた。

後話は工場側が正式な契約書を届いてから、すぐに材料を手配して、加工を始めた。2週間後にお客様の希望通り納品した。それと、出荷する前にお客様から入金された。もちろん、アフターサービスもしないといけない。お客様が製品を入手したことを確認してから、お客様の検収状況と使用状況を聞いてみましたら、10件の製品に組み立てて少しきついものが5件あったことを知っていた。何も考えず、お客様に返品して頂いて、修理するべきだ。一回修理したものを納品して、問題がなかったことで、お客様からほめられました。

凱路自動車工業は高品質の製品といいサービスを提供しておるので、お客様に信頼されているのだ。お客様に収益を高めるのは我々の行動方針だ。私たちは必ずいいお客様を選んで、いい製品を作ることを目指して、頑張って行く。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top