精密機械加工のにお客様にはお手数をおかけしないか

「デンデン」 ~ 1つのメールが来ました。確認したところ内容が非常に简単です。「添付自動車整備部品の見積もりをお願いします。非常に短納期で、先行加工進んでいいのです。」
何年間の取引により、お客様が信頼していただいております、こんなに豪快な取引先は、私が大好きです。
早速図面上の日本語を中国語に翻訳し、技术部の見積もりをさせながら、着工も指示しました。
よし、终わり!
午後、見積りができて正式見積書を作りながら、そのうちの一枚図面に備考内容が書いてあります。内容は、溶接構造から一体加工へ変更の要望です。


私は仏系の若者で、手数なことを簡単にする。お客様にお手数をかけないようにするつもりです。微少なご確認内容も、社内解決できればお客様に迷惑のことをしないように。即時に返事しました、「図面通りにはできませんか。?できるなら、私はクライアントに聞きたくない。」
技術者:「いいですが、加工するのはちょっと面倒で、工程時間も長く、コストが高いですね。」
「できれば図面通りに加工してほしいですが」。(図面通り加工すると、お客様も、私も面倒なことが無して済みますので。)
そう思うと、技術者の話は绝えず私の目に飞び込む。うん、話が多い、确かに面倒…。
技術者の耐えられないおしゃべりに仕方がなく、メールを書き出してからすぐ電話連絡を取りました。
この部品の材質はSS400で、,溶接部は75%以上溶着のこと。常にこの部品は3つのブロック加工→溶接→研磨→CNC精度穴加工ですが、しかし、今の问题点はφ56h7 +0.030/0の精度穴の両侧にも溶接されており、2回の溶接後、精度穴の加工面は変形されてしまい、研磨を缲り返して修正した後に精度穴加工を行いますが、加工リスクがあり、溶接加工の工程も多くなり、コストも高くなってしまいます。
という発想で、私たちは溶接加工を一体加工へ変更することを提案します。粗加工後直接cnc加工します。素材用量ととcnc加工量は確かに増加していますが、溶接加工と比べて加工コストを大幅に下げることができます。タダ、一体加工後、元の溶接の4ヵ所がR3が残りますが、強度確保できます、組み立ての干渉しない限り、それより完成品质の確保に役立つはずです。
お客様応答:この件はエンドユーザーの确认が必要で、早速連絡を取ります。
予想通りに、お客様の確認が時間かかり、お客様にお手数をお掛けてしまいます。———面倒です。
その后、静かに一日を过ごして、お客様がこの提案に同意してくれないではないかと思って、元の納期を確保しなければいけません、急いで図面通りに製作しましょうと指示するところ、お客様から返事が来ました。
エンドユーザーのご確認結果が要約来ました、御社の提案で進めましょうとの結果です。リスクの低減およびコスト削減の提案をしてくれて感謝します。今後ももっと多くの提案を期待します。

今後は仏系の考えができず、お客様にこのような発想を知らせるべきです、これらの提案に基づき、相談しながら改善を行うと、きっと収益の創造になるのを信じております。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top