恐ろしいマイクロニードル型、どのように残留物を取り除くの?

多くの人がマイクロニードルモールドについて聞いたことがあると思いますが、マイクロニードルモールドの加工精度は恐ろしいと言われています。

恐ろしいって誇張されていませんか?

加工精度の厳しく、マイクロニードルのサイズは非常に小さいです。今回のマイクロニードルの根元は0.15mm、コーンの先端は0.01mmしかなく、マイクロニードルは密集しており、位置度も必要です。 0.01mm以内に収まるように、加工利用できる刃物サイズは、0.2mmしかありません。仕上がりはRa0.2以下で、滑らかな表面、破片、残留物不可、拡大後加工跡が見えなく、ピンが曲がるたり、変形したり、NGとします。

「ちょっと不注意でゲーム全体が失われる。万本の針のうちの1本に欠陥がある限り、型全体がNG」となります。

ということで、加工全工程とも注意を払っており、一発出来上がりました。ようやくお客様にスムーズに納品してほっとしたところ、お客様は金型試作情報が入りました。「十なんショットを成形しましたが、白点が残ってあります、特殊ゴムで値段が高い、型上で改善して欲しいです。」

私たちはすぐに原因を分析して排除し、最終的にマイクロニードルの周りのアルミニウム残留物が原因だと判明しました。これらの万本もあるマイクロニードル残留物をどのようにクリーンアップできますか?ネットでいろいろ調べて、情報をめくりました。空気圧縮機で吹き飛ばすことを提案もあり、高圧を使用する提案もあり、ブラシで掃除する意見もあります。しかし、これらの提案は今回のマイクロニードルに変形をさせてしまう恐れが高くて利用不可です。

それではどうしますか?離型水洗浄剤や各種比率のアルコールで洗浄を試みましたが、50倍の顕微鏡で拡大検査したところ、まだ残留物が見られます。途方に暮れた瞬間、「超音波洗浄を使ってたら」との意見があります。超音波洗浄が実行可能でしょうと再度試す事を決定しました。デバッグを繰り返した後、要約適切なパラメータを見つけて、残留物洗浄され、再び顧客に届けられました。金型のトライ効果は良好でした。すぐ検収してくれました。何年も悩ませてきた問題点だそうです。文章を発表する時点まで、品質安定しているような情報です。今回は本当にほっとしましたよね。

このような貴重な経験をもとに、当社の技術部門が超音波洗浄指導書を作成し、超音波の洗浄条件を記録して置きます。将来の同様や類似案件がある時は、超音波洗浄することを設計図に書き込まれ、水平展開して行きます。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top