東莞凱路汽車工業 新規加工設備導入しました NC旋盤

今年は、コロナ禍で明け、コロナ終息が見えたと思いましたら、オミクロン株となりコロナ禍のまま年末を迎えることになりましたが、何とか無事の一年過ごしたことは何によりです。新年に向けて明るい夜明けに来る新年が素晴らしい年になることを祈念致しております。

新しい一年には、お客様の様々なニーズをより一層なご協力をできますように、年末に当たり、弊社東莞凱路汽車工業は2021/12/26にNC旋盤中国沈陽一機HTC3650を1台増設しました。

このCNC旋盤の最大加工直径は360mm、最大加工長さ300 / 500mm、ベッドの最大回転直径は550mm、スピンドル速度範囲50〜4500r / min、水平8ステーション刃物台となります。該当機械の大きさ2200×1800×1800㎜で、ちょうど製造部のオークマ5軸複合機のすぐそばに置けます。

CNC旋盤ということですが、一回セットして大量の自動生産ができますので、中国では、多くのNC旋盤を持っている会社は、多量生産の注文のみ受けて加工利用していますが、弊社は多品種量ロットも、量産も対応しておりますので、数量には関わらず、お客様にニーズに応募しております。

これでは、大隈5軸複合加工機、4軸ヤマザキマザックマシニングセンター、ブラザーとファナック3軸CNC、NC旋盤、岡本研磨などをセットして各工程ともすぐ繋がることができることにより、効率の高める、納期の短縮、コスト下げるのを図ります。

新しい2022年も、いつでもご遠慮なく,弊社担当までご連絡をお願い申し上げます。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top