あきなく進歩を目指す加工

精密電子部品のトレーは、精密機械加工をしている多くの人達が接触したことがあるかだと思われます。ここで弊社东莞凱路汽車工業が作ったトレーをご紹介致します。

このトレーはアルミ加工のパレットで上には400個以上の非常に細かい溝がぎっしりと並べられています。以前に見たサンプルと比べて、はっきりと精密に見えます。でもこのパレットを作るコストはいくらかかりますか?答えは400元ぐらいです。この回答は信じられないかもしれませんが、なぜ小さな穴を加工するのはこんなに高いでしょうか。原因は三つあります

1.加工時間が長いです

ご存知のように、CNCデジタル制御加工稼働時間は加工コストに影響する主要な要因です。

このアルミパレットの上に400個以上の溝があります、例え一つの溝で30秒加工しても、総加工時間は3-4時間かかります。

2.加工の難しさです

加工技術要求もとても厳しいです。これは110×110のアルミ板で平面度と平行度の要求は0.05 mm以内で、あらゆる穴の位置度は+/-0.01 mmで、この位置度の要求は普通の工作機械では達成できません。

3.外観の要求です

部品の表面の外観要求は非常に高く、お客様の要求は光沢度0.8以下で、いかなる傷も許されません。

以上の三つの点でこのパレットは業界標準の加工価格よりずっと高いからです。

向上に向上を重ねる生産の精神でお客様に標準を超える精密部品パレットを加工します。

こんなに要求が高い部品はどうやって実現しますか?

まず解決したのは材料問題です。

この製品の原材料は輸入の超平面t 651アルミ板を採用しています。国産のアルミ板を使って加工して、お客さんのコストを節約するために国産のアルミ板を使って加工したのですが、実際に作った平面度は0.15 mm以上になりました。±0.01 mmの公差は一般の設備では達成できなく、新しい導入したMAZAK CNCで加工しました。比較的にこの方が安定性がよく、サントビックのシャンクと精密な刃物を使って公差要求がよく解決できました。

外観要求を解決する案ですが、私たちは全体にバレル研磨とヘアラインのプロセスを採用しました。ただしこのような研磨プロセスの効果はお客様に認められませんでした。どうやってこのような光沢度を達成しますか?色々案を考えた上で、日本から輸入したナノサイズのガラスビーズを採用して、超微細なスプレー砂機でショートブラストしました。これは普通のブラスト機械はこのナノクラスのビーズを保証できないです。

以上の様々な工程を通して、お客様の要求の高い基準を絶えず解決していく内に、より良い品質を求めてお客様の期待を超え、最終的にこの精密な部品を出来上がりました。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top