精密機械加工の見積もりに関する感想

私は、いろいろの職位を勤めてから、精密機械加工コスト採算の担当者となりました。「プロ選手」ではなく、少し不安がありながら、チャレンジして来ましたが、今要約3年目となりました。見積もり、つまり原価計算、特に多品種小ロットの精密加工品は、見積もり標準がはっきりできません。旋盤加工、フライス加工、研磨加工、マシニングセンターなど各工程合理的な価格は、顧客も、我々も利益が取れますが、高くなっと場合は注文取れなく、安すぎると会社は赤字になってしまい、バランスが把握には、本当に難しいところがあります。

当社の精密加工品は、トヨタ、ホンダ、スバルなど自動車関連の装置用品が多く、日本デンソー航空電子にも納品しております。高品質、短納期、コストは調達の重要指標だと思われます。

私の経験をまとめて見ました。

① 材料に関しては、必ずいろいろの確認が必要です、何回の失敗を通して経験を積み重ねました。先日は、本田様向けのケースで材料MASICが必要で、記憶の中この材料は、問題なく調達可能だと記憶でしたが、注文を受け材料を手配しようかのところ、入手性がなく、結局日本から材料輸入して対応しましたが、赤字でした。このような失敗経緯は、会社の「精密機械加工手帳」に書き込みます。
② 加工工程の設定は最も大事なプロセスであり、コストの多き部分となります。適当な加工方法設定および加工は、過剰な品質にならず、加工不足品質要求に満足できないことがなく済みます。日本の顧客では、図面の要求を厳守することでもあり、対応できない内容は見積もる段階で、要望として、事前に連絡必要です。
③ 焼き入れか、表面処理も、原価の重要内容です。特殊の焼き入れや、ナノコーティングなど特殊な表面処理は一般より高く、価格の影響を与えます。
④ 梱包について、体積計算と実際重要両方の計算方法がありますが、どちらが重いの場合は採用されます。弊社は金属部品で、常に実際重量の方が重いです。 長く細い、薄い大きなサイズ、木箱が必要の場合は特に注意が必要です。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top