検査治具(検具)は自動車の質の保護神

検査治具(検具)とは何でしょうか? 検査治具(検具)は工業生産企業達が製品の各種の機械(孔径、空間サイズなど)のサイズを制御するために製造されたものです。大量生产の时に品质検査と生产効率を高め、品品质制御、コスト低下、人による測定の個人差をなくすためにも検査治具(検具)は有効です。大量生産の自動車部品、航空機部品等に適用する。検査治具(検具)は自動車部品、特に車の全体寸法精度を検査する工具です。

以前国内には金型工業があるが、検具工業がなく、すべての外国企業が独占されている。今は検具を独立で開発して、海外の同等の製品よりコストが4、5割低くなっている。金型から取り出された製品、通常の測定器で検出できなく、専用の検査治具(検具)を製品の品質を制御しなければならないです。金型と検査治具はセットで必要なモノです。検査治具(検具)がなければ、金型で製作できた部品は正確か、合格かが保証できません。例えば自動車にヘッドカバーは取付している際に取付できず、検査治具(検具)がない時代に、社員は自分の考えでヘッドカバーを打ち込る事により、形状が変わる可能で無理有り取付ます。自動車の安全は大きなリスクが存在される。検査治具が出来てから、取付する前にヘッドカバーを検具で検査行い、標準に合わないところ、不具合等の場所に修正してから取り付けます。ですので検査治具は標準の提供するものです。

現代工業の急速な発展は、自動車生産の流動性を推進する作業の効率性が高まっており、現在、自動車全体の組合せの生産ラインには平均8分で1台の作業ができるようになっている。1台の自動車には、数千個の部品があり、その車体部には約300件の板金と100点余りのプラスチックの部品があり、1つの部品に問題が生じた場合、車両の組み立てが失敗する可能性が高い。従って、生産ラインに投入された最初の部品はすべて規格に合っていることを保証しなければならない。これには検具が必要である。自動車メーカーに対して、生産ラインは1分止まると純金銀の流失が発生します。自動車業を迅速に発展させ、自動車製造原価を下げ、自動車メーカーは必ず検査治具(検具)を導入し、生産の標準化オートメーションを向上させます。

検査治具(検具)とは何でしょうか? 検査治具(検具)は工業生産企業達が製品の各種の機械(孔径、空間サイズなど)のサイズを制御するために製造されたものです。大量生产の时に品质検査と生产効率を高め、品品质制御、コスト低下、人による測定の個人差をなくすためにも検査治具(検具)は有効です。大量生産の自動車部品、航空機部品等に適用する。検査治具(検具)は自動車部品、特に車の全体寸法精度を検査する工具です。

以前国内には金型工業があるが、検具工業がなく、すべての外国企業が独占されている。今は検具を独立で開発して、海外の同等の製品よりコストが4、5割低くなっている。金型から取り出された製品、通常の測定器で検出できなく、専用の検査治具(検具)を製品の品質を制御しなければならないです。金型と検査治具はセットで必要なモノです。検査治具(検具)がなければ、金型で製作できた部品は正確か、合格かが保証できません。例えば自動車にヘッドカバーは取付している際に取付できず、検査治具(検具)がない時代に、社員は自分の考えでヘッドカバーを打ち込る事により、形状が変わる可能で無理有り取付ます。自動車の安全は大きなリスクが存在される。検査治具が出来てから、取付する前にヘッドカバーを検具で検査行い、標準に合わないところ、不具合等の場所に修正してから取り付けます。ですので検査治具は標準の提供するものです。

現代工業の急速な発展は、自動車生産の流動性を推進する作業の効率性が高まっており、現在、自動車全体の組合せの生産ラインには平均8分で1台の作業ができるようになっている。1台の自動車には、数千個の部品があり、その車体部には約300件の板金と100点余りのプラスチックの部品があり、1つの部品に問題が生じた場合、車両の組み立てが失敗する可能性が高い。従って、生産ラインに投入された最初の部品はすべて規格に合っていることを保証しなければならない。これには検具が必要である。自動車メーカーに対して、生産ラインは1分止まると純金銀の流失が発生します。自動車業を迅速に発展させ、自動車製造原価を下げ、自動車メーカーは必ず検査治具(検具)を導入し、生産の標準化オートメーションを向上させます。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top