少ロット精密部品の加工要素

2017年9月18日に華能精密の呂総経理は私と同僚5人を引率してロット加工工場へ見学に行きました。以下は私の見学纏めです。

皆様が知っているように、機械加工の業界には一番厳しいのが納期と品質です。ロット品の納期をより速くより有効的に対応するため、制作時間を短縮しなければなりません。オーダーを受け取り次第、制作指示から、材料予備、材料検査、工程、プログラミング、機械調整、サンプル制作、ロット量産及び最後の品質検査まで、繋がられる環のように、どの工程流れでも重要です。もし複雑な工程で放電加工等必要すれば、事前にEDM電極を予備しなければならなく、及び各種の刃具、取り付け具、治具、検査器具等も早めに用意した方が一番良いです。

ロット加工の一番重要なのは始めの機械調整と初回品の検査です。作業員はセルフチェックOKしたら品質部に確認検査させます。初回品の品質がOKしか量産できません。直接量産すれば全部不良の可能性が発生しやす、不良率も高いです。初回品の加工をとして、加工工程、加工方法等は更に改善されます。もし初回品の品質が不良があったら、チーム内部は会議を召集して不良の原因を分析します。改善対策も検討されます。

量産加工する時、作業員も検査員も不定時に重要の寸法が変化したかどうかの確認必要です。加工を完了したら、検査員はデータを確認する為に作業員は品質部に送検する前にある寸法をセルフチェックし検査のデータも図面に記載します。

品質のOK品の最後作業は梱包です。より良く部品を保護する為に、出荷の梱包の以外に、現場の6S清潔保持と加工する時に部品の保護も非常に重要です。特にアルミ素材等キズに付けやすい品は緩衝材で1枚ずつ分けます。小さい部品もトレーで分けれます。部品を保護できるのみならず、部品の移しにも便利で快速になります。出荷の梱包も非常に重要です。汚れの拭きから、タフィー、ビニール膜梱包、緩衝材梱包、海外専用箱梱包まで、毎作業も重要です。運送の際に、部品は外力で傷にならないように専用箱の内部四周も緩衝材で分けります。  

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top