大量と少量生産の区別と長所

大量生産はCNC加工技術を利用して一回10-10000個以上の製品をする製造動作を指します。現在の機械製造業中に大量生産の企業は沢山あり、今の急速な発展には2種類の生産タイプがあります。大量生産は機械工業の総生産金額の約70〜85%を占め、機械産業のメインであります。

大量生産は通常万個数量以上あり、生産する前に金型を製作し、例えばプラスチック金型、ダイカスト金型、プレス金型など必要です。少量生産は工業生産中に、材料と工程、コスト、使用数量等の問題に関われて、多くの製品は機械のみで大規模で製作できなく、ある特別の工程で小ロット方式、手動での加工進めるしかないです。小ロット加工は10個から100個までの数量あり、簡易金型又は直接機械加工で製作します。小ロット生産はフライス、旋盤、プレーニング、研磨、リーマ等の通常の機械加工を通して製作します。関われている業界は航空業界、航空宇宙産業、造船業界、建設機械業界、機械加工業界などです。大量生産は自動車産業の典型でありますが、自動車産業、新型車、エンジン、その他の試作、金型産業も小ロットで生産する必要です。

小量生産は時間、材料のコストを節約し、市場に向ける製品の周期を加速させることができます。小型化に焦点を合わせ、多くの个性的な制品をカスタマイズすることができます。社会文明の進歩,人々の日常生活水準の向上は,個人的な物质を追求する面で、水面に浮かび上がっています。个性的な生活、个性的な商品で、より多彩な生活を具現することができます。工业の加工には、より速く、より质の高い顾客のニーズを満たすことが必要です。。

現在の市場では、お客様のために量産サービスを提供できる工場が多く、一般的な大量の加工会社は様々な材料、各種工芸、各業種の小規模の量産を受けることができます。しかし、現在の工業設備の成熟と完璧を受けていることで、現在のハードウェアデバイスは、もはや最も重要な要素ではない。私達は、協力チェーンを選択することより、更に会社の管理とアフタサービスは重点として評価しなければなりません。

 

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top