何故精密部品製作出身の会社が治具を上手く出来上がれ

治具品質は部品の品質に依存しています。 部品の加工品質は普通、機械の加工精度と加工表面粗さ、この2つの重要な指標で現れます。品質が治具全体の性能と寿命に直接影響されます。

華能精密は2005年創立されてからずっと精密機械加工の分野に集中して努めて、加工工芸は多くの経験を握っていました。最初に材料、熱処理、表面処理のほうに多くの損失と教訓を払いました。失敗と教訓から色々勉強して、今では何社の協力工場を採用すると決めて半年毎に1回審査を行います。コストのほうがやや高く、部品品質を保証できます。2010年から今まで材料、硬度、メッキクレームが7年間連続発生してないです。これこそ、付き合っている50社以上の中国、日本、欧米諸国のお客様の認可を頂きました。

設計者は構想と理想をもって治具を設計します。しかし実際の加工、図面上の公差はできないかもしれなく、ある形状は図面通りで加工すれば、コストが多くかかり、機械加工としての私達は多くのお客様に節約加工コストの提案をしてあげます。2カ月前にある円柱小冶具、顧客の要求を材料A5052どのことで、顧客の使用環璄と要求を聞いていました。長年の経験から加工角度と判定して、この製品はSUS304使用すれば、コスト削減にも使用寿命にも延長できます。原因と理由を、お客様に告知していて、お客様のためにわざわざ私たちが最終的な利用者の立場に立って問題に感謝しますと褒めて頂きました。

通常出荷品の品質と提案に基づいてかもしれないですが、現在幾つかのお客様は治具に関する業務を弊社に任せています。8月に自動車エンジンを組合せる核心治具を何セット出荷してありました。取引先の情報により、国内の多くのメーカーが試作した結果が全部採用できず、今までは日本から輸入です。9月も70セットの治具を日本大手式会社へ直送出荷していました。

若し御社では治具に関する業務を外注に依頼すれば、華能精密にも問い合わせをしてみて、弊社が最初の提案から設計、製作、組合せ・調整まで全部社内に対応できます。日本語、英語とも可能です。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top