コア機能の治工具にお悩み?

重要工作機械などの組み立て、検測には、補佐冶具の品質も非常に大事です。冶具の精度確保と安定性は、組み付けが重要のほかに、各パーツの精度と緊密の関係があります。品質が治具全体の機能、精度と寿命に直接影響されます。

弊社は2005年創立されてからずっと精密機械加工のメインでした、切削加工ののノウハウが多くあります。最初に材料、熱処理、表面処理のほうに多くの失敗がありました。それこそ、勉強となりました。今では何社の協力工場を採用すると決めて半年毎に1回審査を行います。協力工場の品質意識育成により、部品品質を保証できます。2010年から今まで材料、硬度、メッキ関係のクレームが9年間一回も発生してないです。これこそ、付き合っている50社以上の中国、日本、欧米諸国のお客様の認可を頂きました。

設計者は部品機能の必要により治具を設計が多く、しかし実際の加工上は、図面形状か精度できないか、コストが高い場合もあります。機械加工としての私達は多くのお客様に、使用上にも影響がなく、加工コストを削減できる提案をしてあげております。2カ月前にある円柱小冶具、顧客の要求材料はA5052、顧客の使用環璄と機能を問い合わせしたところ、私だち長年の経験で、この製品はSUS304使用すれば、コスト削減と使用寿命延長が実現できます。理由を説明し、お客様のためにわざわざ私たちがエンドユーザーの立場で提案してあることを感謝の旨を頂きました。

通常出荷品の品質、納期と提案体制により、お客様は治具に関する業務を弊社に安心して任せています。8月に自動車エンジンを組合せる核心治具を何セット出荷してありました。取引先の情報により、国内何社製作した試作品が採用できず、日本から購入しているようです。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top