小さいな提案でも価値創造できる

華能精密から製作している精密部品は精度が高いのみならず、形状も様々です。注文数量は1個から1000個以上のもありました。運送中での不具合が発生しないため、チームは注文会議を行う際に品質管理の担当が製品の重さ、寸法、数量等により段ボール 又は木箱かの使用を決めます。下記の木箱写真は弊社今年7月までずっと使用している木箱です。8月に品質の梁組長から「現在使用されている木箱は段ボールより確かに堅固、角に堅固させるものが付けてなく、どこでも標示がなく」と言われていました。このような木箱を使用し続けたら、お客様に体験感がよくないし、もし台風、地震、豪雨……と合ったら、製品を損害される可能性が大きいです。ですので、梁組長は木箱に会社のLOGOを印字する上に、注意事項のマークも印字する必要と提案してありました。最初では広告会社に任せたく、何社から出していた見積書を確認して、一番安いのも1000元以上かかります。

今年7月まで使用の木箱写真

余計な費用が出さない、チームと打ち合わせで決めた結果は社内の現有の資源を利用して自分で完成します。SUS304  T=0.5残材を取って、レーザでLOGOマークと壊れやすいマークを加工します。緑と赤オイルペイントを各1個ずつ買ってきます。木箱にLOGOマークを緑のオイルペイントで塗ります、他のは紅いオイルペイントで塗ります。木箱の角を堅固させるものは(以下右図赤い丸)はネットで買いますT1.0*30*20111円です。この提案は小さくてたまらなく、改善と実現を通して価値を創造でき、製品を海の向こう側に安全に届けられます。

改善の木箱写真

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top