東莞凯路自動車工業有限公司が広東省自動車協会の一員になった!

華能精密(KANOU®)は十何年の着実な発展が経て、精密加工の専門業界領域にだんだん向かっています。FA設備の精密部品、治具、精密測定治具を加工し始め、現在まで自動車に関わる産業に使われている精密部品しか加工されていません。

2017年1月に華能精密の精機事業部を東莞長安に引っ越して東莞凯路自動車工業有限公司を支社として創立運営しています。今年3月に東莞凯路自動車工業有限公司は広東省自動車協会に入られることになりました。これは弊社にとって自動車業界の発展へ1歩進められました。今まで私達は精密部品加工に少しの加工経験を積重ねて、一部分のお客様のご指導を通して、自動車の業界にだんだん向かっています。自動車の業界で安全と信頼の自動車の部品を製作するなら、これだけまだ足りないと十分分かっています。自動車業界の新しい知識を学ばなければならなく、広東自動車協会は多くの勉強をさせるプラットフォームなので、自動車協会の色々な協力を通して、凯路自動車工業有限公司は業界の最新の情報を貰っていて、自動車業界の政策と変動を把握、お客様と同行間の技術に参与して交流、資源の共有、弊社の内部技能と管理水準を高められます。

広東省の自動車協会に入られる事が私達にとって非常に重要な意味があります。自動車業は広東省の三大経済の支柱産業のみならず、全国自動車産業重要基地の中の一つです。このプラットフォームは広東省の830社以上の自動車と関われている企業が集まっています。例えば:広州自動車工業グループ有限公司、広州汽車グループ株式会社、広州ホンダ自動車有限公司、広州トヨタ自動車有限公司、東風・日産乗用車会社、五羊―本田モーター(広州)有限会社、広州汽車グループ部品有限公司。これらのメーカーはすべて最終自動車の部品に使われるメーカーです。弊社にとって、第一時間に関連情報を貰う上に、お客様の要求と標準もはっきり把握できます。

完璧な加工技術とハイエンドの加工設備さえあれば、必ず良い自動車の部品を製作することができますか?答えは“ではない”です。業界毎に自分の標準があります、違う業界は採用する加工技術も違います。

弊社が初めて本田会社の製品を加工する時、業界の要求がよく理解できてなく普通の製品と普通の要求にて加工さしていました。最初加工にいろいろな困難にあって、お客様からクレームもありました。自動車協会に加入して、これらはすべて高速的に知ることができて、学んでだんだん弊社の内部の技術の能力をUPさせます。自動車を組立られる自動化設備の精密部品の加工、自動車部品の深絞りの金型、自動車の検査治具は弊社に業務を明確させました。

1.自動車の組立られるFA設備に使われる精密部品加工に対して「安全と信頼性、10日目必着」とする必要です。

2.自動車の部品を製作される深絞り金型に対して「安定的な高い効率のプレス加工」とする必要です。

3.自動車の検査治具に対して「高品質、高価格性能比」とする必要です。

以上の3点はこの業界の中で解決、突破必要になります。東莞凯路自動車工業有限公司は業界の中で絶え間ない引率しておりて、もっと高い標準化の自動車の領域の中に行って、絶えず私達の製品を合理化して、私達の取引先のためにもっと多い収益を創造します。

日本企業と十何年間取引して、中に20社以上の会社は世界500強です。これならのお客様のお陰手て、日本企業の加工技術と品質保証に豊富な経験を蓄積しているうえに、お客様に認めれらました。自動車協会の1員になっていて専門知識をもっと多く勉強できます。お客様にきっともっと良いサービスをあげられます。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top