展示会で何を獲得するか

当社東莞凱路汽車工業は、今まで多くの展示会に出展してきましたが、今年のITES深セン市工業展は、新年度初の出展となりました。

全社とも重視し、会社の今年新たな戦略的発展目標に沿って、展示サンプルを大幅に調整しました。5軸加工技術のノーハウを把握するテーマのに、5軸加工品は今回の展示のメイン部品で、その他の精密部品はサンプル数が少数のみです。

深セン国際会展センターは50万平方メートルがあり、1~16号館がありまして、今回日系関連企業の出展は4号館に集中してあり、5軸工作機械の展示場は7号館にあります。位置上は正面にあるため、多くの来客は5軸加工機を見学後、5軸機械で加工された精密機械加工部品を見ることができます。

5軸加工は中国でも様々な分野応用されております。ブースにお越しいただいたお客様は、「この部品の5軸加工品ですか?」「この部品はどの業界で使われているの?」。5軸加工は、「軍事産業」、「航空宇宙」の分野に限定されているかだと思う人が多く見えてようですが、実際5 軸加工は、医療分野の人骨補綴物や、仮歯モデル、自動車用ランプ金型、自動化のロボットジョイント、一般的な船舶用プロペラ、コンプレッサローターなど、様々な産業に応用されています、弊社東莞凱路は5軸のコア技術把握のをネライし、得意のはコンプレッサーローター、スパイラルベベルギア、ギアシャフトなど、複合55軸加工です。

5軸加工の適用をより普及と理解していただくため、主催者のITESは【FACE to FACEインタビューライブウォッチ】を開催し、5軸加工の適用分野について説明・討論するチャンスを設けていただきました。

インタビューでは、当社営業部の康は、「東莞凱路汽車工業有限会社」の事業内容、会社の沿革及び業界における当社のメリット・デメリットなどを簡単に紹介しました。技術部の劉部長は、中国での 5 軸加工の発展と、5 軸加工アプリケーションにおける当社のいくつか利点を商談しました。

展示会ではすぐに取引成功する訳ではありません、展示会を通じて当社の技術を紹介し、当社の宣伝することができました。

5 軸加工のコア技術保有するレベルをより高める、KANOU人として頑張って行きます。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top