自動車部品検査治具商談から納品までの流れ

                                

①提案・見積り依頼

お客様にご提案のご依頼を頂きます。製品の使用目的や要求する精度・機能などを

ご連絡下さい。製造上、必要なデータをお預かりできればスピードが増します。

(製品データなど) (IGES・Parasolid等の3D-CAD・2D図面etc)、

部品相手勘合物のデータ。

②仕様確認

製品の仕様検討の為の確認をさせて頂きます。

③社内検討

弊社内で仕様確認をした結果を踏まえて、検査方法論や工数を検討させて頂きます。

④設計

使用素材にマッチした検査方法論や工程を検討した結果をまとめて設計します。3D-CADや図面を基にゲージ構造を設計致します。 また設計時に部品と構造の干渉や不具合も検証し、お客様が扱いやすい構造を提案致します。

⑤お見積りの相談

弊社内で検討した方法論や工数を明示して、お見積もり致します。

コストには自信があります!是非ご相談下さい。                                       

⑥図面等のご承認

設計した方法や製造工程、お見積りなどをご確認頂きまして、お客様に発注して頂けるかどうかの検討をお願い致します。

⑦加工

お客様の承認を経て、設計した内容を基に製造していきます。マシニングセンターは計4機を保有し、大・中・小部品に適切に対応致します。

それぞれの加工機に形状アンダー部も加工可能なアタッチメントを装備し、あらゆる形状加工に対応致します。

⑧組立・検査

全ての社内加工品は測定リストをもとに測定機で徹底した品質管理システムのもとに測定致します。又、測定機は毎年校正を実施しております。精度徹底した器具で検査し、精度保証を致します。測定後の最終工程になります。構造に干渉が無いか、きちんと機能するかをチェックし、お客様のご要望に沿う検査治具に仕上げます。

⑨出荷

弊社がANAの子会社のOCSで出荷します

⑩検収

完成した検査治具は、お客様への納入の前に弊社で作成したチェックシートを元に最終チェックを致します。チェック完了後、ご指定の場所へ納入致します。お客様の受入検査を経て検収していただきます。

 

 

 

 

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top