偏心の不良率がどのようにさげますか

                                                                                                                                                                                      作者:胡恋紅 現状存在の問題:下記の手描き絵の部品(ダイ)は新幹線の改札機の核心パーツとして使われています。毎日新幹線を利用している人が少なくとも万人数がいます。改札機は問題が出ないために、この部品の精度が図面上より高める要求があります。最初は1つ治具に取付けて内径研磨で最後まで仕上るという加工工程を決めました。2ヵ月の試作をして偏心の不良が多く発生して、約50%の不良率があります。これにより材料費用と人件費用が無駄のみならず、偏心の不良率が下がれないと、加工が順調に進められなくなります。                                                        

改善措置:この偏心不良率が減らすために、会社ではこの項目に7人のチームを成立されて、彼らは毎日問題を見付けます。また見付けた問題に対して1つ1つ分析して解決します。繰返して約1ヶ月経ってから、やっと対応方法を見付けました。2個の治具を作って2回分けて内径の研磨を実施します。一つの治具は裏側から荒研磨をし、一つの治具は表側から仕上げ研磨をします。

効果説明偏心の問題は現在まで100%完全に解決できてないですが、上記の改善方案を通して最初の50%不良率から10%に下がりました。また、社内でも成立された7人のチームもこれから、続いて問題を見付けて解決するように努力しすます。(会社の写真は2016年1月21日にお客様と加工現場で偏心の確認)

                                           

 

 

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top