EV自動車の電池製造

現在EV自動車は急速に発展しています。90年代の5%未満の市場シェアから25%まで引き上げられました。将来は市場の80~90%に達する可能性があります。動力電池のニーズも飛躍的に増えています。今の動力電池も急速な発展を遂げましたが、動力電池はどうやって作られるか、知識的には詳しくないのが多くあるかだと思われます。動力電池は原材料から電池になります。その過程はかなり複雑で、一般の小企業ができるものでもないです。ここでは動力電池の生産プロセスと必要な設備について説明します。
第一ステップ:活性材料のパルプ
動力電池に必要な材料を真空状態でよく混ぜます。厳格な工程要求と調合指図書は電池の合格率と耐久性に直接影響します。そして安全は動力電池企業の命脈と言えます。必要な設備は混料機です。生産環境、粉塵コントロールは医療レベルのクリーン無菌作業場に達する必要があります。
第二ステップ:塗装工程
まぜた材料を銅箔の上に均一に被覆します。銅箔の厚さは6ミクロンで、幅は普通500ミリで、長さは4000メートルです。厚さが均一で、混合粉塵がないことが要求されます。必要な自動化設備は「塗装機」です。
第三ステップ:冷圧とスライサー
塗装された銅箔を機械的に押し出し、材料が銅箔に分布するようにして、付着力がより良くさせます。冷圧した極片は電池を作る時、電池の型番によって切ります。極スライスカットのバリは顕微鏡で観察と検査を行う必要です。4ミクロンより大きいバリは絶対あってはいけません。必要な設備は「冷圧分断一体機」です。
第四ステップ:タプリードとスチールストリップ
電池を広げた形を切って、プラスマイナスタプリードと電池の形を溶接します。以前は金型でカットしていましたが、今はレーザーでカットしています。設備は「レーザータプリード成形機」です。
第五ステップ:回転または畳み
回転は電池の形によって、丸回転と四角回転に分けられます。畳みは基本的に四角電池です。電池の芯を電池の形に巻くことです。設備は「回転機と畳み機」です。
第六ステップ:電解液注入
就是在电池芯里面注入充电需要的液体。电解液是关键中的关键。需要设备为“注液机”
バッテリーの芯に充電に必要な液体を入れます。電解液は肝心な成分で,。液注入機が必要です。

第七ステップ:ベーキング
注液したセルをオーブンで焼き、水分を取ります。設備「オーブン」です。
第八ステップ:化成
注液後の電池を内部活性化します。中には二次注液、秤量、溶接密封などの工程が含まれています。
第九ステップ:コーディング
電池ごとにトレーサビリティマークを付け、製造日、ロットなどを記入して追跡します。
ここまで、電池が使用出来ると思うのでしょうか?
第十ステップ:成形型組
検査後の性能のほぼ同じ複数のセルを組み合わせます。まず洗浄(プラズマ洗浄技術を採用する)し、セルを綺麗にして清潔にします。そして外にペクチンを並べて組み立てます。普通はアルミの箱を使って組み立てたセルを入れます。その後、レーザー溶接設備で電池のセットを連結します。電池の生産はほぼ完成しました。これで市場に出荷して使えますか?もちろんできません。テストと破壊テストのテストが必要です。
第十一ステップ:電池の究極の試練
①.火災試験とは、590°の炎の中で130秒電池のカバーを燃やして火が出られなくて、バッテリーの芯は正常に使えることです。これは国家の硬性基準ですが、メーカーのテストはこの基準よりはるかに高いです。一般要求は1時間の燃焼して無効にならないならです。
②.衝突試験、野外運転の揺れのシミュレーションして、バッテリーを人工振動環境で衝突させます。車載10万キロの揺れと同じデータです。このような試験では無効にならず、発火しない限り絶対安全です。
③.交通事故現場の押し出し試験を模擬します。最悪の交通事故現場のデータで押し出し試験をして、ひどく押し出した後の電池は火が出られなくて、燃えません。
一連のテストを経て、合格した判定の電池要約ユーザー売り出します。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top