東莞凱路–日本5軸加工メーカ

東莞凱路のブランド宣伝用スローガンとしては、「5軸加工のコア技術保有」です。
東莞凱路汽車工業有限公司は日系企業の文化が再現度の高い中国企業です。おオフィス、廊下、会議室の壁には、日本の経営実業家、稲盛和夫様の大きなフレーム写真及び彼が世界的名声を誇る「六項精進」は目立っています。凱路汽車工業から出た写真は各ポスターに日本式の雰囲気が濃厚であります。清潔で清潔な作業環境と良好な6 Sのごみの分類を合わして、素朴で厳格な態度が感じられます。

凱路はKANOU GROUPの東莞にある子会社です。今は風雨兼行14年間を経ちまして、最初の10人余りから今まで50人余りに規模大きくなりました。営業部、製造部、研究開発設計チーム、生産管理部、品質管理部を持っております。会社は厳格にISOの体系によって各業務を運行して、完備している教育体制があり、人材育成の体制、激励の体制、および厳格な文控の体制で、凱路各業務はすべてきまりがあります。

厳格な企業管理のスタイルと会社のメンバーの優れた質の相互作業によって、各メンバーは自主的に会社の各規則制度を守ることができます。また、担当の業務に対しては、常に積極的に改善意見を提出し、体制の整備を助け、業務の流れを最適化することができます。

このような主人公の責任感と仕事の精神は、国内の多くの厳格な監督管理と賞罰によって従業員の積極性を引き出す必要がある企業と比べて、全く違います。

凱路—どんな会社でしょうか?凱路の発展の背景で海外顧客対応に一定の先天的な優位を与えました。凱路現在取引先は80%以上は日本の取引先で、その次は欧米と中国国内で、普通の純粋な造型企業と比べて、凱路の営業と取引先のサービスの方面の優位はとても明らかです。

凱路は専門化の素質の高い営業チームがあります。純加工企業は「コミュニケーションが足りない、情報の確認が足りない、対応が足りない」このような原因でお客様から苦情が出ることが多いですが、会社の顧客を非常に重視し、注文の大きさに関係なく、一視同仁です。お客様とのコミュニケーションは更に綿密で、かつ適切です。そこまで海外の顧客に対応できるのは、国内の多くの純加工企業の弱みです。外国企業の仕事ぶりと外国語能力があり、一定の業界専門性を備えたチームがあるため、お客様の各対応において、一般的な中国企業より優れた品質とスピードでお客様により良いサービスを提供し、お客様に情報の疎通において、基本的にはいかなる隔たりも感じられなく、完璧に支障のないコミュニケーションを実現し、スムーズに推進しています。お客様からも常に感謝の意を頂きます。各顧客を重視しております。凱路の各部品の実現チームも常に最高の責任を持って、各部品の研究開発と制作に対応しています。部品の実現には一定の高回転優勢があります。多品種、短納期、小ロットの加工制作に迅速に対応できます。品質検査部門は二重確認検査を実施し、部品を問題なくお客様にお渡しします。凱路はお客様に高水準のサービスを提供できるだけではなくて、もっと重要なのは加工精度が優れていて、品質の信頼できる部品をお客様の手に渡します。また、部品の引き渡しの一環で、お客様の利便性を十分に考慮して、部品を直接お客様に送ります。入国手続きは凱路日本支社JPKで処理しております。このような利他心は、現在の中国企業にとって、非常に貴重です。

風雨兼行して,砥石となって前進する。凱路は常に世界との統合を忘れず、企業転換と戦略調整を積極的に行ています。今の凱路は自分に対して明確な業界位置づけを持っています。「信頼性がある安全な交通機関に、全力を尽くします。」を使命とする優秀な自動車分野の部品加工系企業になりたいです。

我々は極度の自律的な人を信じています。いかなる彼がやりたい事をやればやり遂げることができます。我々も極度の自律的な人の指導で極度の厳格な企業を信じています。とても偉大な企業に成長することができることを信じています。

2019/10月に凱路汽車工業は日本大隈の高精度、高剛性、高性能、各工程を一体化したインテリジェント化5軸複合機MUST 3000を導入しました。異状品、ミクロン単位の精密機械加工技術を備えています。このような加工能力で大きな加工範囲まで実現できます。同レベルの最大Y軸ストロークを備え、高剛性の立柱移動式構造を採用しており、Y軸全行程の高精度かつ強力な加工を実現しています。様々なニーズが実現できる多彩な仕様を備えております。MULUS 3000の超大型B軸の回転範囲は240°であり、B軸240°の超大回転範囲により、主軸と対向主軸に対して同等の加工領域を持ちます。また、NC-B軸仕様のB軸駆動には、ゼロインバースギャップのローラー歯カムを採用し、高精度5軸連動が実現できます。C軸の高精度位置決め0.0001°制御は、主軸と対向主軸の両方で精度の高い精度C軸を採用しています。複雑な形状のワークの高精度加工が可能です。また、強力なフライスに対応したマシンサポート構造で、高精度と高効率の加工を同時に実現します。

会社の創始者兼CEO呂華は、一万キロメートルをランキングすることを目指しており、 引き続きは知っています。各部品の研究開発の進展に対しても細心の注意を払って、金属加工分野の各種専門知識を根気よく勉強し、会社全体の成員に分かち合い、一緒に成長して行こうのを呼びかけています。

「50年間引き続き中国で日本レベルの品質部品を作る」というスローガンで呂董の指導の下で、凱路の明日はきっともっとよくなることを信じています。

Related post

Return Top