東莞凱路汽車工業—広東省テクノロジー中小企業になりました

東莞凱路汽車工業有限会社(次は凱路汽車工業とよび)は、2019年広東省のテクノロジー中小企業の第4回目のリストに入りました。2019年8月14日から10日間の公示として公表されました。今現在は、正式な審査許可を取り、シリアル番号1278となりました。これからは、ハイテク企業として、実際発生した研究開発費が、一定の比率を増加し,関税の減免などの特恵待遇を受けられます。

 

今回は科技中小企業範囲に入れるのは、当社の技術力のさらなるの認めだと思います。これは今後ハイテク企業の申請が順調になる基礎にもなります。

会社の中で、お客様のために収益を創造することを日常の仕事に組み込んでおります。いいアイデアが生み出す、すぐ検討したうえで実行できるような体制があります。仕事の効率アップ、顧客様のよい体験、満足度アップ、活動の創新、ブランド宣伝などを含みます。

日常業務で企業または顧客の収益を増加する提案を見つけることを奨励しています。これらの継続的な内部提案から、特許権が取れそうな提案を抜き出し、申し込んでおります。現時点では、当社は2件の発明特許と15件の実用新案特許を獲得しました、その上、約15件特許申請が審査中です。

その上に、会社内では、知的財産管理チームを設立し取締役代表がリーダーを就任しております。知的財産管理システムの導入により、会社がすべての知的財産権をより合理的に管理体系ができました。

現時代では、知的財産は企業の発展にとって最も重要であり、コアテクノロジーを備えた企業さえ、長期的な未来を持っているだと存じます。凱路汽車工業は、継続的に顧客様の収益創造することを行動方針とし、自動車関連分野の産業技術の研究に努め、人材育成に積極的に投資し、システムの革新を敢行していきます。一日でも早く世界の先進技術を持つ自動車産業企業になることを目指しております。

FacebookTwitterGoogle+共有

Related post

Return Top